Displaying 1 - 14 of 14

中国的基督徒热情接待世基联代表团

世界基督教会联合会(WCC)总干事Olav Fykse Tveit牧师(博士) 及世基联代表团于1月7日至16日期间正在中国访问成员教会。Tveit在一次简短的访谈中描述到与中国基督教协会共庆WCC七十周年纪念活动的喜悦之情。

世界基督教会联合会(WCC)代表团访问中国

世界基督教会联合会(WCC)总干事Olav Fykse Tveit牧师(博士)及WCC代表团将于1月7日至16日访问中国的成员教会。 WCC七十周年纪念活动由此次历史性访问展开。 除了Tveit先生以外,代表团随行成员还包括WCC亚洲区主席Sang Chang博士和WCC跨宗教对话项目执行Peniel Rajumkar牧师先生(博士)。

“世界は核兵器を廃絶しなくてはならない”

“まず私たちに求められていることは、私たちの信念に生きる勇気を持つことです。世界教会協議会(WCC)にとって、私たちの信念は世界は核兵器を廃絶しなければいけないということです。WCCアジア代表Sang Chang牧師は8月6日広島で開催された核軍縮シンポジウムの講演で述べました。

ドイツの監督が核兵器禁止のために全キリスト教会による後押しを誓う

ドイツ福音主義教会EKD常議員会議長、被ばく70周年に際しての世界教会協議会の教会指導者による日本巡礼の旅のメンバーである神学博士ハインリヒ・ベッドフォード=ストローム監督は、2015年8月6日に催されたヒロシマデー集会で核兵器に反対する人道の誓約の実情を強調しました。

“メアリー・アン・スウェンソン:核兵器の持続を訴えるいかなる支持も放棄すべき時”

「今は、核兵器の持続を訴えるいかなる支持も放棄すべき時です。大量殺戮が私たちを守る合法的な方法であることを受け入れよという要求は、今こそ拒否する時です。」メアリー・アン・スウェンソン司教は、8月5日広島市の世界平和記念聖堂における英国教会カソリック平和記念の礼拝でこのように語りかけた。

Comitê Central exorta as igrejas a lutar por "um mundo sem armas nucleares"

Na declaração "Por um mundo sem armas nucleares Nuclear-free World” (original em inglês), o Comitê Central do CMI apresentou recomendações sobre como as igrejas podem trabalhar em prol do fim dos riscos nucleares e reagir ao testemunho dos afetados por constantes tragédias nucleares – de Hiroshima, em 1945 a Fukushima, em 2011 e além.